アオバト - 幸せカメラ.net

幸せカメラ.net

素敵な一瞬を信頼できるカメラで

アオバト

「海水を飲む鳩がいるらしい」

以前、野鳥ガイドブックを読んだときにこの「鳩」の存在を知りました。

海水を飲むこと自体は別に驚きはしませんでしたが、何よりもその美しい色に、「いつかアオバトを見てみたい」と思うようになりました。

そして2016年5月、ついにその時が訪れました。

湿原を散策中に車の中から撮影しました。

同じアングルで数十枚撮影したのですが、ちょっと構図を変えようと車を移動した瞬間に飛び立ちました。

警戒心はかなり強いように感じました。

山での鳩は何となく「つがい」でいるイメージがあるのですが、この鳩は一羽で佇んでいました。

次は「海岸で海水を飲む姿」を見てみたい、そして撮ってみたいと思いました。

アオバトの生態・特長

かつては「キジバト」と同じように「ヤマバト」と呼ばれていたようです。

そういえば、こうして野鳥を撮影する前は、山で見る鳩を「ヤマバト」と呼んでいましたね、僕も。

ちなみに町中でよく見る鳩は「ドバト」と言って、人工的に繁殖させた種類のようです。

このアオバトは、日本では本州・四国・九州で繁殖し、夏になると北海道へも飛来すると聞きます。

湿原や林道で静かにしていると、どこからか鳩の鳴き声が聞こえてくるのですが、「デーデーポーポー」というのは「キジバト」で、アオバトは「オーアーオー」と鳴くようです。

今度はもう少し離れてしっかり観察してみたいと思いました。

また、海水を飲む理由ですが、普段は森の中で過ごし餌を食べているのですが、不足する「塩分やミネラル」を補給するために海へ行くと考えられているようです(Wikiより)

生態といい、その美しさといい、とても魅力を感じるそんな鳥ですね。

アオバト1 2016年5月 釧路湿原

アオバト1 2016年5月 釧路湿原 車で走行中に野鳥を見つけたので停車。観察してみると「アオバト」だったので驚いた。

 

野鳥写真館トップページへ戻る

スポンサーリンク

公開日:
最終更新日:2016/06/09