ウグイス - 幸せカメラ.net

幸せカメラ.net

素敵な一瞬を信頼できるカメラで

ウグイス

ウグイス

 

2016年6月 釧路湿原

2016年6月 釧路湿原

2016年6月 写真追加

「ホーホケキョ」

誰もが知っているそのさえずりで北海道の春を教えてくれます。

目立たないその羽色と、やぶの中や細い木の枝にいることが多く、

「鳴き声は聞こえるけど姿は見えない」

ということがよくある鳥です。

さらに、その姿はいわゆる「ウグイス色」よりも少し地味に見えるので、イメージすることも難しいかもしれません。

ウグイスの羽色は「ウグイス餅」や「ウグイス豆」のような黄緑ではないので、見ても気づかない可能性もありますね。

ウグイス餅の色は実際のウグイスよりもやや明るく黄緑っぽい感じです。

この記事のために買いました。そして食べました(笑)

この記事のために買いました。そして食べました(笑)

これはおそらく春の鳥である「メジロ」をウグイスだと勘違いして、ウグイス色はこの色だと浸透したようなのです。
(※僕調べ)

そして僕自身は、今まで何度かウグイスが「鳴いている」姿を撮ってきたので、「これはウグイスです」と自信をもって言える写真があります。

ただ、鳴いてくれないと似たような色や姿の鳥も多いので、見ただけでは判別するのはちょっと難しいです。

ウグイスの特長

ウグイスは「日本三鳴鳥」の1つですね。

三鳴鳥は・・・

・ウグイス

・オオルリ

・コマドリ

と、僕の中では「ウグイス」が一番身近な鳥です。

春から初夏にかけて湿原や林道に入ると、必ずと言っていいほどすぐ近くで鳴いています。

最近「コマドリ」を撮る機会が2度ほどあったのですが、たしかにそのさえずりは見事でした。

オオルリは、残念ながらその鳴き声を確認したことはありません。

ただ、姿だけはしっかりと撮ったことがあるので、いずれまた会えると信じています。

ウグイスの体長はオスが16cmでメスが14cmと、スズメと同じくらいなんですね。

ちなみに「ホーホケキョ」とさえずるのは「オス」のみのようです。

縄張り宣言をしているのですね、きっと。

たしかに、林道を歩いているとそれぞれがある程度の間隔でさえずっているのがわかります。

最初は「ホーホケキョ」だったのが、こちらが近づいていくと「ケキョケキョ・・・」と変化して次第に警戒しているのがよくわかります。

そして藪の中でさえずりながら離れていくので、その姿を捉えるのはたしかに難しいですね。

ただ、数が多いので、根気強く粘れば、意外と近くで撮ることも出来そうです。

ウグイス⑦

ウグイス⑦ 2016年 6月 釧路湿原

 

2016年 6月 釧路湿原

ウグイス⑥ 2016年 6月 釧路湿原

 

2016年6月 釧路湿原

ウグイス⑤ 2016年6月 釧路湿原

 

2016年5月 摩周 朝焼けの中で

ウグイス④ 2016年5月 摩周 朝焼けの中で

 

2016年5月 摩周

ウグイス③ 2016年5月 摩周

 

2016年5月 摩周

ウグイス② 2016年5月 摩周

 

2016年5月 摩周

ウグイス① 2016年5月 摩周

 

 

野鳥写真館トップに戻る

スポンサーリンク

公開日:
最終更新日:2016/06/19