七夕の願い事~天の川を綺麗に撮りたいです - 幸せカメラ.net

幸せカメラ.net

素敵な一瞬を信頼できるカメラで

七夕の願い事~天の川を綺麗に撮りたいです

   

07caa06509c9067a4944edcd233b6fe8_s

どうも、幸せカメラのKENです。

あなたは「七夕」にどんな願い事をしますか?

ちなみに僕は「天の川を綺麗に撮りたい」と短冊に書いてみましたよ。

ところでそもそも「七夕」って、どんな意味があるのでしょうか?

その由来について少し調べてみました。

七夕の由来

9a6a89566972f64a387b47215d6ecf32_s

Wiki先生によると七夕とは、

七夕(たなばた、しちせき)は、中国、台湾、日本、韓国、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。

五節句の一つにも数えられる。

旧暦では7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。

日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の時期に開催されている。

日本の「たなばた」は、元来、中国での行事であった七夕が奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた。

引用:Wikipedia

となっています。

つまり、旧暦では7月7日の夜を七夕としてお盆と関連がある行事だったけど、現在ではお盆自体が8月15日頃になったので、その関連性が薄れ月遅れの8月7日も七夕の行事が行われているということですね。

たしかに、僕の地元「北海道」では、昔から8月7日が七夕として定着していたように思います。

(ただ北海道は広いですから、すべてがそうだとは言い切れませんけどね)

また違うサイトでも七夕について詳しく解説されていたのですが、

棚機(たなばた)とは?「棚機(たなばた)」とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものでした。
選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神さまのために心をこめて着物を織ります。そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機です。
やがて仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりました。現在七夕という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるのも、ここから来ていると言われています。

引用:京都 地主神社~七夕特集より

この解説を見ますと、日本特有の「当て字」で「柵機と七夕」をなぞらえて呼んでいるということですね。

これで名前の由来と日付についてはわかってきました。

では、有名な「おりひめとひこぼしの伝説」についてはどんな背景があるのでしょうか?

おりひめとひこぼしの伝説

a10f85c2e22e142a9542f49c87a146d1_s

こちらも詳しいサイトで調べてみると、

琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事をつかさどる星と考えられていました。

この二つの星は旧暦7月7日に天の川をはさんで最も光り輝いているように見えることから、中国でこの日を一年一度のめぐりあいの日と考え、七夕ストーリーが生まれました。

引用:京都 地主神社~七夕特集より

これを見ますと、もともとは中国でこの物語が生まれたようです。

それぞれの星がこの時期に、天の川を挟んで最も光り輝くことがこの物語の背景のようです。

そう考えると、僕が子供のころに知った物語と内容はほぼ同じでした。

「一年に一度、おりひめとひこぼしは天の川をはさんで見つめあう」

「再会する」

そんな切ないストーリーは、こうした背景から生まれたのですね。

では、短冊に願い事を書くと言うのはどういった意味があるのでしょうか?

短冊に願い事を

f43ee2bb86a06e395368845c885edc53_s

こちらはWiki先生によると・・・

全国的には、短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが一般的に行われている。

短冊などを笹に飾る風習は、夏越の大祓に設置される茅の輪の両脇の笹竹に因んで江戸時代から始まったもので、日本以外では見られない。
「たなばたさま」の楽曲にある五色の短冊の五色は、五行説にあてはめた五色で、緑・紅・黄・白・黒をいう。
中国では五色の短冊ではなく、五色の糸をつるす。
さらに、上記乞巧奠は技芸の上達を祈る祭であるために、短冊に書いてご利益のある願い事は芸事であるとされる。
また、お盆や施餓鬼法要で用いる佛教の五色の施餓鬼幡からも短冊は影響を強く受けている。

引用:Wikipedia

・・・難しいです、先生。

つまり、短冊を笹に飾る風習は日本独自の文化だということですね。

また、日本では「五色の短冊」が使われているが、中国では「五色の糸」をつるすということです。

そしてここで出てくる「乞巧奠」(きこうでん)というのが、願い事をする風習のようです。

詳しいサイトで「乞巧奠」について調べてみました。

「乞巧奠」(きこうでん)とは

「乞巧奠(きこうでん)」は、中国の行事で7月7日に織女星にあやかってはた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれました。

庭先の祭壇に針などをそなえて、星に祈りを捧げます。やがてはた織りだけでなく芸事や書道などの上達も願うようになりました。

引用:京都 地主神社~七夕特集より

これを読むと「機織りや裁縫」が上達するようにお祈りしたということですね。

そしてその風習がやがて芸事や書道などの上達を願うことにもつながったと。

なるほど~ここで「おりひめとひこぼし」の話とつながってくるのですね。

この「きこうでん」という名前は初めて聞きましたが、この風習が平安時代に日本に伝わって、宮中行事として「七夕行事」が行われたということです。

そしてそれが江戸時代になると、短冊に願い事を書いて笹竹につるし、星に祈るお祭りに変化していったようです。

歴史がありますね~深い。

「おりひめとひこぼし」にあやかって

c51e2c031dacc9a7368d926f0bf5f220_s

天の川を挟んで再会した「おりひめとひこぼし」

一年ぶりに願いがかなった二人にあやかって、僕たちも短冊に願い事を書くようになったのですね。

ところで最近あなたは願い事を書きましたか?

僕はしばらくそんなことを忘れていたような気がします。

大人になるって、夢をなくすことだったのでしょうかね?

いや、違いますよね。

夢はみんなが持っている

みんながそれぞれの夢を大切に持っていて、ただそれを忘れていたり、心のどこかにしまっていたり、そういったことが多いのかもしれませんね。

ちなみに僕は普段の生活の中で、自分の身近な人や仲間から、そういった「夢」を聞くことが少なくなった気がします。

つい先日も、昔からの友人とご飯を食べに行ったのですが、「夢」や「願望」といった話は聞けませんでした。

たぶん、僕自身も夢を語らなくなったせいかもしれませんが。

やはりこれからは、僕も「願い事」をして、どんどんそれを叶えていきたいと思いましたよ。

でも、他人任せであったり、他力本願では、夢はなかなか叶いませんからね。

41b5ad9995e5c2b86fa7820bb8cdd8c9_s

こんなかわいい願い事なら、すぐにでも叶えてあげられるんですけどね♪

あ、でも子供は自分ではその願いを実現できないから、それで短冊に書いたんですね。

プリンが食べたい」と♪

でも大人になると、夢を実現するのはなかなか難しいものです。

やっぱり言葉に出して、それを紙に書いて、自分が認識するということが大事なんでしょうね。

それでは、今回の僕の願いである「天の川を綺麗に撮りたい」ということについて、ちょっと考えてみたいと思います。

やっぱり願っているだけじゃ実現しませんからね。

天の川を綺麗に撮るためには

68fabfbb1f72ee03a692fea0ef836602_s

願い事を叶えるためには、どうすれば良いのかを考えて、それを実行するのが人生の醍醐味なのかもしれません。

僕の今回の「天の川を綺麗に撮りたい」という願いは、どうすれば叶うのでしょうか?

要素を考えてみます。

  1. 天候が良いこと
  2. 天の川が綺麗に見える場所に行くこと

ん?2つだけ?

どうやらこの二つの要素だけで、僕の願いは叶えられるようです。

「なんだ、簡単だね」

と思うかもしれませんが、実はなかなかそうもいかないんです、これが。

ちなみに撮影テクニックの方は、今までいろいろと経験してきてるので何とかなります。

→関連記事:星の降る夜に~満天の星空を撮影しよう

 

現在その願いが叶わない理由としては・・・

まず①の「天候が良いこと」ですが、最近はなかなか天候に恵まれません。

天候というのは自分ではコントロールできませんからね。

まず自分の都合と天候がピッタリ合ってくれるのが、僕の一つの願いになります。

 

そして②の「天の川が綺麗に見える場所に行くこと」ですが、これも忙しくてさっぱり行けてないんですね。

そこで、イメージだけは膨らませたいと思います。

イメージでは・・・

満天の星空のもと、ゆっくりと流れる時間を味わいながら、静かに天の川を撮影しています。

もう少しイメージを高めていきます。

それはやっぱり写真を見ることですね。

幸い、自分が撮影した天の川の写真がありますから、それを見ながらイメージを膨らませたいと思います。

天の川の写真集

2015年8月 天の川と銀河の滝

2015年8月 天の川と銀河の滝

 

こちらは「層雲峡」で撮影した天の川です。

層雲峡の地図はコチラから

==================

オンネトーの天の川

オンネトーの天の川

阿寒のオンネトーは、本当に真っ暗で、星明かりがハッキリと見えましたよ。

オンネトー湖の地図はコチラから

==================

カメラ:NIKON D500 レンズ:TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD SS:15秒 絞り:f/2.8 ISO:1250 焦点距離:15mm 換算22mm 三脚 RAW

カメラ:NIKON D500
レンズ:TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
SS:15秒 絞り:f/2.8 ISO:1250
焦点距離:15mm 換算22mm 三脚 RAW

こちらは「塘路湖」で撮影した天の川です。

釧路市からそれほど離れていないのと、月明かりが出ていたにも関わらず、ほんのりと写ってくれたのは嬉しかったです。

湖畔には小さな集落があるので、その明かりもかなり入りました。

塘路湖(トウロコ)の地図はコチラから

==================

カメラ:NIKON D750 レンズ:TAMRON 15-30mm f/2.8 VC 絞り:f/2.8 SS:25秒  ISO:3200 焦点距離:15mm 三脚 RAW

カメラ:NIKON D750
レンズ:TAMRON 15-30mm f/2.8 VC
絞り:f/2.8 SS:25秒  ISO:3200
焦点距離:15mm 三脚 RAW

 

これは摩周湖第一展望台から見た天の川です。

この場所から南の方角に天の川を見たのは初めてだったかもしれません。

ただ、あまりにも強風でこの時は撮影を中止しました。

どんな時間帯に何回、いや何十回行っても飽きることのない、そんな不思議な湖です。

摩周湖第一展望台の地図はコチラ

==================

2015年10月17日 22時16分 NIKON D810 TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD SS 25秒 f/2.8 15mm ISO-2500 三脚 RAW

2015年10月17日 22時16分
NIKON D810 TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
SS 25秒 f/2.8 15mm ISO-2500 三脚 RAW

これは、野付半島のトドワラ方面で見た天の川です。

街の明かりがかなり入っていますが、それでも天の川は写ってくれました。

いずれまた、チャレンジしたいポイントです。

==================

2015年10月10日 900草原

2015年10月10日 900草原

たびたびこのサイトでも紹介している写真です。

ここは弟子屈町の「900草原展望台」です。

街明かりはあるのですが、こうして美しい天の川を撮ることができました。

お気に入りのスポットです。

弟子屈町~900草原展望台

==================

2015年10月11日 屈斜路湖

2015年10月11日 屈斜路湖

これは屈斜路湖畔で撮影した写真です。

ちょっと現像が粗いですが、この時は湖に沢山の星が写るくらい星明かりが凄かったです。

もう少し、優しく現像し直したい写真です。

屈斜路湖・和琴半島

まとめ

4216080b5bb4714d1224e352457544e1_s

ここまで、今回は「七夕」ということで、その由来であったり、願い事などについて色々と書いてきましたが、どうだったでしょうか?

僕の「天の川を綺麗に撮りたい」というのは、意外とささやかな願いだったりします。

そしてイメージを高めることで、意外とお腹いっぱいになりました♪

でも短冊に書くなら、それくらいのささやかさで十分なのかもしれませんね。

叶いそうな願い、あなたなら短冊にどんなことを書きますか?

ささやかな願いでもいいので、それを書いて実現に向かうのも楽しいと思いますよ。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

暑い地域の方は大変でしょうが、素敵な七夕の夜をお過ごしください。

2eQ48FJXP5roePR1467868377_1467868433

 

関連記事

超広角レンズ~タムロン15-30mm F/2.8 VCの世界

星の降る夜に~満天の星空を撮影しよう

春のオンネトーの星空~早すぎる夜明けと青の湖

ニコンD500で星空を撮る~春の夜の北海道

※当サイトで使用している画像は、画像販売サイトから購入したり、フリー素材、または当方の著作物を扱っております。
著作権等についてはご安心下さいね♪


 - 撮影技法, 観光ガイド ,