パワーアップして帰って参りました! - 幸せカメラ.net

幸せカメラ.net

素敵な一瞬を信頼できるカメラで

パワーアップして帰って参りました!

      2016/08/06

2015年12月 雪裡川

お久しぶりです。

幸せカメラのKENです。

まずは皆様にお詫びを申し上げます。

一つは、サイトの更新をほったらかしにしたこと。

もう一つはサイトのコメント欄やお問い合わせなどに書き込みができないようになっていたことです。

本当に申し訳ありませんでした!

いた!

反省

 

更新をほったらかしにしたのには理由があったのですが、実はここ1ヶ月半の間、休まずに勉強していました。

ビジネスの勉強です。

僕は昔から不器用で、あることに集中すると他のことができなくなるという弱点があります。

今回もまさにそれでした。

7月から始まったビジネススクールに没頭して、ブログ更新はおろか写真さえ一枚も撮りませんでした。

ただ、その中で着実に学び、そして成長できたのは間違いありません。

 

もう一つご迷惑をお掛けしたのが、このブログのコメント欄やお問い合わせフォームに書き込みができないという不具合でした。

先ほどSNSで知り合いの方から教えていただき発覚しました。
(E様ありがとうございました)

調べてみると、画像の不正コピーを防止する設定が悪さをしていたようで、それを解除すると直りました。

地図ページの「天気予報」も見れなかったのもこれが原因でした。

今はコピー禁止を解除したので、また以前のようにお使いいただけると思います。

夢を見ました

2015年8月 午前3:56 層雲峡 銀河の滝

2015年8月 午前3:56 層雲峡 銀河の滝

 

この一ヶ月半、「撮影に行けない、行かない」ということに対しては特に苦しかったり辛いとは思いませんでした。

とにかくここで頑張って成長してから、その後で思う存分写真に取り組もうとは考えていました。

ところがある日、夢を見たんです。

幻想的な光景を目の前にして、僕がそこに立っているという夢です。

今までに何度もそうした光景を前にシャッターを切ってきましたが、なんとその夢の中の僕はカメラを持っていませんでした。

それが何を意味するのかは全くわかりませんが、カメラを持たないであのような美しい光景を見ている自分に驚きました。

夢なんですけどね。

そうしてうなされたのかはわかりませんが、朝のとても早い時間に起きてしまったのです。

いつも睡眠時間を削って勉強や調べ物をしていたので、毎朝ギリギリに起きるのが習慣になっていました。

たしか午前4時くらいだったと思いますが、そこで僕は何気なくスマホでいつも見ていた摩周湖の「ライブカメラ」の映像を見たのです。

DSC_5283

ちょうどその頃は天候が悪く、毎日毎日曇りや雨で、北海道なのに「梅雨か!」なんて思っていました。

もちろん摩周湖の天候も例外なく、ほぼ毎日のように湖は雲の中に包まれていて、景色はおろか朝日すら見たことがなかったのです。

その早く起きてしまった日も、当然天気予報は曇りでした。

ところが摩周湖のライブカメラを見て僕は驚きました。

「雲が割れていたのです」

カメラ:NIKON D750 レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 絞り:f/22 SS:30秒  ISO:100 焦点距離:105mm 三脚 ND400 RAW

カメラ:NIKON D750
レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
絞り:f/22 SS:30秒  ISO:100
焦点距離:105mm 三脚 ND400 RAW

(※上の写真はイメージですよ。ちなみに2015年の夏の屈斜路湖です)

それまで何度行ってもみることのできなかった雲海が発生して、湖面を包んでいました。

※冬の摩周湖で気嵐を見たことはあります

→関連記事:冬の摩周湖の朝に~ダイヤモンドダストを見る

 

雲海の上には空間があって、太陽は見えなかったのですが遠くの斜里岳もライブカメラには写っていました。

そしてその空間の上には摩周岳を覆うようにちぎれ雲が流れていました。

「これだこれ!これが撮りたかったんだ僕は!」

と、寝不足の目をこすりながら何度もライブカメラの映像を更新しました。

雲はゆっくりと形を変え、摩周岳の上を東の方へ流れて行きました。

そして湖面の雲海も生き物のように変化しながら、幻想的な光景を作り出していました。

ライブカメラの映像は静止画なんです。

それが1分おきに更新されるので、見ていると変化しているのがよくわかります。

摩周湖の朝

これは以前撮った摩周湖の写真です

 

「今すぐ行きたい!」

そう思いましたが、自宅から摩周湖までは車で1時間半はかかります。

それに「仕事」がありましたし。

その後も出勤する直前まで、まるで取り憑かれたかのように摩周湖のライブカメラをずっと見ていました。

スマホのバッテリーが減ったのは言うまでもありません。

そして心に決めました。

 

「いつか必ず撮りに行く」と。

 

そのためにもまだまだ頑張らなければなりません。

中途半端だと今までとあまり変わらない人生が待っています。

でも頑張ることで新しいライフスタイルを実現することができると思っています。

僕はそれを手に入れたい。

 

現在もビジネススクールは続いていて、年内はそこで頑張っていこうと思っています。

ただ方向性がだいぶ決まってきたので、気持ち的にも少し落ち着いてきました。

そこでまたこの大切なブログに戻ってくることができました。

2016年6月 カメラ:NIKON D500 レンズ:AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6 ED VR SS:1/400秒 絞り:f/5.6 ISO:640 焦点距離:500mm 換算750mm 手持ち RAW 露出補正:+0.3

2016年6月
カメラ:NIKON D500
レンズ:AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6 ED VR
SS:1/400秒 絞り:f/5.6 ISO:640
焦点距離:500mm 換算750mm 手持ち RAW
露出補正:+0.3

 

「ただいま」

いつも見てくださっているあなたに、この言葉を届けたくて。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

関連記事

→ 釧路湿原・湿原展望台から雲海を見る朝
(何度行っても見られなかった湿原の雲海に、ついに出会えた朝の模様です)

→ 摩周から屈斜路湖へ~北海道の春散歩

(幻想的な摩周湖の朝を撮影したときの記事です)


 - 全般