D810とD750のシャッター音の違いについて - 幸せカメラ.net

幸せカメラ.net

素敵な一瞬を信頼できるカメラで

D810とD750のシャッター音の違いについて

      2016/03/09

D750を半年以上使っていて唯一感じた不満は

シャッター音」だった。

厳密にいうと「音そのもの」ではなく、フィーリングや動作感だ。

実は購入する際も気にはなっていた。
(厳密に言うと予約した日)

「カシャッ、カシャッ」という乾いた機械音。

力強くも感じたが「そのうち慣れるだろう」とその時は思った。

D750が手元に届き、とにかく撮りまくった。

その中で一番感じたのは「連写」した時の音と振動だった。

実際今でもD7100のシャッター音の方がしっくりくる。

D750は小型化という進化の過程で、シャッターユニットが独自の機構になっているという。

そのシャッターの感触は悪くはないものの、

ブレるのではないか?」という心配や、

静音モードにしているのに「音が大きい」といった要素が感じられた。

実際にシャッター音で野生動物に気付かれたことも何度かあった。

そんなある日カメラショップに行った時、おもむろにD810を手に取った。

そのボディの大きさはいつの間にか感じなくなっていた。

ファインダーを覗き適当に店内を撮影してみる。

「クシュ、クシュ」

といった静かなシャッター音がとても心地良かった。

D750のようなミラーショックを感じなかった。

静音モードではさらにミラーショックが抑えられているように感じた。

これに加えてミラーアップ時の「電子先幕シャッター」を使えばどうなるんだろう・・・?
(加筆:電子先幕シャッターは撮影する瞬間に人間がそれを実感できる性質のものではありませんでした)

どこまで鮮明な写真が撮れるのだろう?
(コレに関しては電子先幕シャッターの恩恵は計り知れません)

その数日後、僕はD810を予約することとなる。

 

cropped-NDS_3187.jpg


 - NIKON D810, NIKON D750 , ,