秋の阿寒~ヒョウタン沼 - 幸せカメラ.net

幸せカメラ.net

素敵な一瞬を信頼できるカメラで

秋の阿寒~ヒョウタン沼

      2016/03/09

すっかり冷え込んできた北海道。
近郊の町では今朝の気温が氷点下になったようです。

紅葉は一段と進み、その美しさを増しています。
一部の木々はすでに茶色く変色し、その葉を落とし冬に備えています。

今回は先週の日曜日に撮影した阿寒にあるヒョウタン沼と、その近辺の紅葉を紹介したいと思います。

2015年10月11日 10時36分 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II SS 1/100秒 f/3.2 70mm ISO-125 手持ち PLフィルター RAW

2015年10月11日 10時36分
NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
SS 1/100秒 f/3.2 70mm ISO-125 手持ち PLフィルター RAW

これを撮影した直後から雨が降り出しました。
天候は曇り空で、PLフィルターをもってしても湖面の白い反射を抑えることはできませんでした。
(空が白かったのと、風で水面に波が立っていたからです)

2015年10月11日 10時42分 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II SS 1/200秒 f/3.2 175mm ISO-640 手持ち PLフィルター RAW

2015年10月11日 10時42分
NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
SS 1/200秒 f/3.2 175mm ISO-640 手持ち PLフィルター RAW

ところが場所を変えてみると、PLフィルターの効果が良く出るポイントがありました。
沼の周辺は足場が悪く、三脚を立てるのも大変なので手持ちで撮影しています。
得意の(好きな)長時間露出にはちょっと向いていない水辺です。
ただ、ほとんど人がいないので、そういう意味では撮影しやすいかもしれません。

2015年10月11日 10時45分 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II SS 1/160秒 f/4 145mm ISO-640 手持ち PLフィルター RAW

2015年10月11日 10時45分
NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
SS 1/160秒 f/4 145mm ISO-640 手持ち PLフィルター RAW

足場の良いところはほとんどないのですが、傾斜になっているところを少し登ったりするとこのような素敵な映り込みを撮ることが出来ました。
横の移動だけではなく、自分の高さも変えてみるのが良さそうです。

こちらも似たような写真ですが、

2015年10月11日 10時45分 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II SS 1/125秒 f/4 145mm ISO-800 手持ち PLフィルター RAW

2015年10月11日 10時45分
NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
SS 1/125秒 f/4 145mm ISO-800 手持ち PLフィルター RAW

大きな樹木を左側に配置してみました。
風がなければ紅葉がもっと水面に映りこんで、さらに美しかったかもしれません。

実はこのヒョウタン沼については、僕はほとんど無知でした。
最近までその存在を全く知らなかったのです。
たまたま鶴居村から阿寒に向かって、初めて通る林道を進んでいる途中に見つけました。
その時は釣り人が2名ほどいたのを覚えています。

「きっと紅葉したら綺麗だろうな」

そう思いそこを後にしました。
今回はその時から2回目の訪問になりました。

さて、このヒョウタン沼を後にして向かった先は・・・

2015年10月11日 13時18分 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II SS 1/160秒 f/4 170mm ISO-1000 手持ち PLフィルター RAW

2015年10月11日 13時18分
NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
SS 1/160秒 f/4 170mm ISO-1000 手持ち PLフィルター RAW

その名は「名も無き渓谷」です。
初めて通る林道の先で見つけました。

僕の住む地域ではあまりこのような渓谷を見ることが少ないので、かなり驚きました。
切り立った崖にびっしりと色付いた木々が鮮やかでした。

ただ、雨が次第に強くなり、クリアな描写は難しい撮影となりました。
機材も防滴仕様とはいえ、あまり濡らしたくないものです。
車で移動しながら目に留まる絶景を何枚か撮りました。

2015年10月11日 13時22分 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II SS 1/500秒 f/3.5 135mm ISO-1000 手持ち PLフィルター RAW

2015年10月11日 13時22分
NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
SS 1/500秒 f/3.5 135mm ISO-1000 手持ち PLフィルター RAW

山には霧が立ち込めそれが雲となり雨を降らせていました。

2015年10月11日 13時15分 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II SS 1/250秒 f/2.8 200mm ISO-1000 手持ち PLフィルター RAW

2015年10月11日 13時15分
NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
SS 1/250秒 f/2.8 200mm ISO-1000 手持ち PLフィルター RAW

とても鮮やかな紅葉を見つけました。
ただ雨脚が強く撮影をためらっていると、その雨に叩かれて沢山の落ち葉がひらひらと舞い降りたのです。
これは撮りたいと、色々と試しましたが、なかなかピントが合わず。
やはり絞り開放ではピントが薄くて難しかったです。
もう少し絞るか、超望遠で鳥を撮るように動く葉にピントを合わせる等の工夫が必要だと思いました。
いずれにせよ、雨脚が強くこれが精一杯でした。

2015年10月11日 13時24分 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II SS 1/250秒 f/3.5 140mm ISO-1000 手持ち PLフィルター RAW

2015年10月11日 13時24分
NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
SS 1/250秒 f/3.5 140mm ISO-1000 手持ち PLフィルター RAW

最後に、かなり高い橋の上から見た紅葉です。
車は一台しか通れないそんな狭い橋です。
もしこの場所を見つけて行く際は十分にお気を付け下さい。

オマケにもう一枚・・・

2015年10月11日 12時24分 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II SS 1/200秒 f/2.8 185mm ISO-1400 手持ち PLフィルター RAW

2015年10月11日 12時24分
NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
SS 1/200秒 f/2.8 185mm ISO-1400 手持ち PLフィルター RAW

この渓谷に向かう途中の車道に居た「エゾタヌキ」の子供です。
僕は「ポン太」と名付けましたが、どうやらポン太はあまり目が見えないようでした。

実は僕が今まで見た数少ないエゾタヌキたちも、目があまり見えないような個体が居ました。
キタキツネの間でも伝染病が流行っているようですし(毛が抜けてしまう等)、エゾタヌキでも同じような姿を見たことがあります。

もちろんこの時も不用意には近づかなかったのですが、雨の降る中、そしてこれからやってくる冬を前にこんな小さな躰で乗り越えられるのかと、少し切なく思いました。
でも野生動物は僕が思っているより遥かに逞しいですから、きっと生き抜くに違いありません。
大雪山のエゾシマリスやナキウサギを見て僕はそう確信しています。

大雪山~黒岳(エゾシマリス・エゾナキウサギ)

こちらの超薄型のPLフィルターがおすすめです。
ほとんど暗くならない(状況によって1段分暗くなる)ので、一日中付けっ放しで青空や夕焼けを鮮やかに撮ったり、水面の余分な反射を抑えて映り込みを美しく撮ることが出来ます。


後半の写真のポイントです。
初めて行った場所です。

ブログランキング(写真)とブログ村(北海道)に参加しております。
撮影の励みになりますのでバナーをクリックして応援してください!

写真(風景・自然)ランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村


 - AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II, NIKON D810, 阿寒~秋のヒョウタン沼 , , , , ,