2016 花火大会in北海道道東~後半戦の開催日程など - 幸せカメラ.net

幸せカメラ.net

素敵な一瞬を信頼できるカメラで

2016 花火大会in北海道道東~後半戦の開催日程など

      2016/07/04

qLoaLIprN5lR7gD1467194890_1467195195

どうも、幸せカメラのKENです。

今日は北海道道東の花火大会について、お盆辺りからの後半戦の日程をお届けします。

この後半戦の記事は、僕の地元で大きな大会が2つもあるので、内容はかなり濃くなりました♪

→前回記事:2016 花火大会in北海道道東~前半戦の開催日程など

紹介する順番ですが、日程が近い花火大会から順に紹介したいと思います。

それでは早速参ります。

第37回足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会

開催日時:2016年8月15日(月) 19:15~20:00

住所/場所~北海道足寄郡足寄町 / 利別川河川敷両国橋下流

荒天の場合:小雨決行(荒天時は2016年8月16日(火)に延期予定)

駐車場は700台無料で停められるようです

2015年の人出は「約2万人」だったようですね。

→公式サイト:足寄町のイベント情報

→開催場所の地図を見る:足寄郡足寄町 / 利別川河川敷両国橋下流

足寄町とは

オンネトー 4時34分

オンネトー 4時34分

足寄町は「町」としては「日本一広い」面積なんだそうです。

基幹産業は酪農や畑作、そして林業も盛んです。

帯広からも比較的近く、高速自動車道も開通しているのでアクセスが良い町だと思います。

町の中心には豪華な道の駅「あしょろ銀河ホール」があります。

リス太くん
足寄町と言えば、歌手の「松山千春」さんが有名だよね
KEN
おぉ~リス太くんか、相変わらず可愛いね♪ 情報ありがとう!

 

そう、足寄町といえば歌手の松山千春さんの出身地ということが真っ先に思い浮かびます。

そして「日本一寒い町」として知られる陸別町も近くにあり、当然足寄町も極寒の冬を体験できます。

僕も毎年寒い時期には「ダイヤモンドダスト」や「霧氷」を求めて氷点下20度を下回るこの地域に撮影に出向きます。

足寄町 真冬の霧氷

足寄町 真冬の霧氷

その中には阿寒国立公園の「オンネトー湖」もあり、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。

僕も年に何度も通っています。

→関連記事:カテゴリーオンネトー

また北海道遺産に指定されている「ラワンブキ」と呼ばれる巨大な「フキ」が自生することでも知られています。

フキの高さは3mくらいあります。
かつては4mに及ぶものもあったそうですが、少しずつ小さくなっているようです。

茎の直径は「10cm」と、かなり太いようです。

見ごろは6月~7月が良さそうです。

→参考リンク:足寄観光マップ

第37回いけだ夏まつり

開催日時:2016年8月15日(月) 19:30~20:00

住所/場所~北海道中川郡池田町 / 池田町河川パーク

荒天の場合:小雨決行(荒天時は2016年8月16日(火)に延期)

駐車場は60台無料

→参考サイト:とかち晴れ

→開催場所の地図を見る:池田町 / 池田町河川パーク

池田町とは

NDS_1856

僕のイメージでは池田町と言うと「ワイン城」があるということですね。

池田町は「ワインの町」として昔から知られています。

→参考地図:池田ワイン城

人口は約7000人で基幹産業は農業です。

リス太くん
この町出身の有名人は、誰もが知っているあの「ドリカムの吉田美和」さんがいるんだよ。
KEN
きた!リス太くん、キミは芸能通なんだね♪

 

吉田美和さんは、僕が学生の頃はすでに「ドリカム」として活躍していましたが、それ以前の音楽活動についても当時は話を聞いた記憶があります。

北海道出身ですからね~懐かしい思い出です。

また沖縄出身の女性デュオ「kiroro」さんですが、この町を訪れたときに耳に残った「アイヌ語」がきっかけで「kiroro」と命名したと聞いています。

その元になったアイヌ語は、

元になったアイヌ語はKiroru(人間が踏み固めた広い路)とKiroro-an(強い・健やか・盛ん・大きい・かたくな)である
Wikiより

実は僕、ワインは飲まないのですが、この町に来ると「ワインに触れたくなる」そんな雰囲気のある静かな町です。

ワイン城では「ワインの試飲やソフトクリーム・ぶどうジュース」などを楽しめます。

車を運転しない人は「ワイン」を楽しむのもアリですね♪

ちなみに僕はお酒が弱いので飲めません(笑)

→参考リンク:十勝ワイン

第58回釧新花火大会

開催日時:2016年8月16日(火) 19:00~20:00

住所/場所~北海道釧路市 / 新釧路川鳥取橋上手 右岸緑地公園

荒天の場合: 荒天時は2016年8月17日(水)に延期

駐車場はなし

打ち上げ数 8000発

2015年の人出は「約10万5000人」だったようですね。

→公式サイト:なし

→開催場所の地図を見る:釧路市 / 新釧路川鳥取橋上手 右岸緑地公園

釧路市の花火大会

2015年8月 当花火大会

2015年8月 当花火大会

 

夏の夜も涼しい日本の避暑地である北海道「釧路市」で開催される大きな花火大会です。

今年は火曜日という平日に開催されるんですね。

そしてここはわたくし「管理人KEN」の地元で、毎年花火大会を見に行っています。

どうやら自分は「晴れ男」のようで毎年天候に恵まれていますよ。

会場の河川敷周辺は敷地がとても広いのですが、車での乗り入れや駐車場は使えないため、僕は毎年自転車で通っています。

自宅からは15分くらいで着きますし。

打ち上げ場所の新釧路川という大きな河川の周辺は、通常でも交通量が多く混雑するので、花火大会の開催前や終了後は渋滞すると予想されます。

できれば離れたところから徒歩で河川敷に向かうのが一番無難だと思われます。

花火を見学・撮影するポイントですが、僕は川面に写る花火も入れたかったので、打ち上げ場所の対岸で見ることが多いです。

2015年8月16日 午後7時7分 花火大会開始直後の明るさ

2015年8月16日 午後7時7分
花火大会開始直後の明るさ

上の写真を見ると、空はまだまだ明るい感じがしますね。

写真の中央奥に工場夜景も見えています。

そしてナイアガラ花火も見れますが、昨年は写りがイマイチでした。

打ち上げ花火に露出を合わせたので、ナイアガラは白とびしています。

打ち上げ花火に露出を合わせたので、ナイアガラは白とびしています。

自分からは距離が遠かったのと、打ち上げ花火の露出時間に合わせると、ナイアガラは明るすぎて白とびしてしまいます。

それでも何がメインなのかを考えると、これはこれで良かったと思います。

この町の夜は暑くもなく、寒くもないという過ごしやすい気温です。

ただ暑い地域から来られる場合は、一枚羽織るくらいの気持ちでちょうど良いと思います。

またこの釧路市は「釧路湿原」に囲まれた雄大な平野なので、車で20分ほど市内から走るとすぐに湿原の雰囲気を体感することができます。

この時期は朝の早い時間帯には雲海の発生も期待できるので、是非釧路湿原に足を運んでみてください。

→関連記事:釧路湿原・湿原展望台から雲海を見る朝

 

第27回道新十勝川花火大会

フリー素材より

イメージ フリー素材より

開催日時:2016年8月27日(土) 19:00~19:45

住所/場所~北海道帯広市 / 十勝川十勝大橋下流河川敷

荒天の場合:荒天時は2016年8月28日(日)に延期

駐車場はなし

打ち上げ場所は、前回記事で紹介した道内最大級の花火大会「勝毎花火大会」とほぼ同じようです。

→参考サイト:どうしんウェブ花火大会スケジュール

→開催場所の地図を見る:帯広市 / 十勝川河川敷特設会場(十勝大橋下流400m付近)

アクセスは、JR根室本線「帯広駅」から徒歩約20分ですから、周辺の交通の混雑を考えると徒歩が理想かもしれません。

当日14:00から20:30まで、会場周辺で交通規制が行われます。

また、会場内には数カ所に仮設トイレを設置され、飲食ブースの出店もあるようですね。

 

第13回釧路大漁どんぱく花火大会

開催日時:2016年9月3日(土) 19:00~20:00(予定)

住所/場所~北海道釧路市 / 幣舞橋下流、釧路川河口付近、釧路港北防波堤

荒天の場合~荒天時は2016年9月4日(日)に延期

打ち上げ数 ~約8000発(予定)

2015年の人出~ 13万人

駐車場はなし

→公式サイト:釧路大漁どんぱく

→参考資料:昨年(27年)の大会パンフレット

→開催場所の地図を見る:釧路市幣舞橋下流、釧路川河口付近

花火大会の特徴と見所など

DSC_9006

先ほどの「第58回釧新花火大会」に引き続き、僕の地元での花火大会です。

北海道の夏の終わりを告げる、そんなイメージがあります。

毎年見ていて思うのは「やや肌寒い」ということでしょうか(笑)

この花火大会は北海道道東でも「最大規模」のものなんですね。

場所は釧路川河口の釧路港や、商業施設「Moo」の近くの海上にでの打ち上げになります。

撮影アドバイス

DSC_9030

花火は2か所の打ち上げ場所から交互、または同時に打ち上がるので、会場に近すぎると打ち上げのたびに構図やアングルを変えることになります。

撮影をメインに考えると、少し離れた方が2箇所から打ち上げる花火を同じ構図に収められるのでおススメです。

→撮影オススメポイントその1:釧路市幣舞橋付近~花火撮影ポイント

僕は、2年前に行った時は上の撮影ポイントで全体的に撮りました。

釧路川の河川敷を打ち上げ場所から少し遠ざかると、有名な「幣舞橋」を越えて川沿いにかなり歩いていくことができます。

もちろんその河川敷には沢山の撮影者や観覧者がいますが、低いポジションで座る高さに三脚を構えるなら、場所取りにはそれほど苦労はしないと思います。

印象的な幣舞橋も構図に入るので、一度は撮りたいポイントです。

幣舞橋に沈む夕日は花火大会よりも有名かもしれません。

→参考記事:世界三大夕日~幣舞橋に沈む太陽

上の参考記事で橋を撮っていますが、このようなアングルだと2箇所で打ち上がる花火を同じ構図で撮れます。

 

そして昨年は打ち上げ場所にかなり近い場所で臨んだのですが、やはり頻繁に構図を変えなくてはならず、結構忙しい思いをしました。

会場周辺は明るいので、ピントを合わせるのには苦労はしませんでしたが、反対に「明るすぎる」感じもします。

やはり暗い夜空に輝く花火を収めたいのであれば、少し離れた方が良さそうです。

 

 

ちなみに打ち上げ場所の近辺は、人でごった返しているので、ベストポジションに三脚を立てるのは難しいです。

それに、なんといっても「三尺玉」を撮りたいですが、やはり相当大きいです。

コラム:三尺玉とは

近くに寄りすぎると構図からはみ出してしまうくらい大きいです。

三尺玉の直径は、直径90cm。重量は、200kg。

上空 600mで開花します。

開花した時の直径は約550mということですから、ちょっと想像がつかないですよね。

僕も毎年、この花火を見ると、鳥肌が立つくらい感動します。

大きさも凄いですが、その音も凄まじいですよ。

この花火を撮る時の注意点をいくつかあげますね。

三尺玉の撮影アドバイス

2015年9月 カメラ:NIKON D750 レンズ:TAMRON SP 15-30mm F/2.8 SS:17秒 絞り:f/14 ISO:100 焦点距離:15mm 三脚 RAW

2015年9月
カメラ:NIKON D750
レンズ:TAMRON SP 15-30mm F/2.8
SS:17秒 絞り:f/14 ISO:100
焦点距離:15mm 三脚 RAW

まず重要なのは、プログラムで三尺玉の打ち上げ時刻を確認することです。
(ローカルラジオの実況中継が一番参考になります)

打ち上げ会場の付近では場内の実況中継アナウンスで花火の演目がわかりますが、離れている場合はラジオで確認するのが間違いありません。

僕はiPodをラジオ代わりに使っています。

→ローカル放送局:FMくしろ (76.1 MHz)

また、三尺玉は打ち上がってから開花するまでの時間が結構長いです。
(上の三尺玉の写真データはSSが17秒でした)

もしシャッタースピードを事前に「10秒」などにセッティングしてしまうと、肝心の開花と余韻が取れない可能性があります。

やはり任意のシャッタースピードを選択できる「バルブモード」で撮りたいです。

バルブモードで撮るならやはり「有線のリモートレリーズ」は必須です。

→参考記事:2016年 花火大会~今年は花火を綺麗に撮りたい!

三尺玉参考動画(動画は約35秒です)

この撮影アングルは、先ほど紹介した「撮影オススメポイントその1」の方角になります。

ただ、この動画は幣舞橋からはかなり離れているようです。

そのことも踏まえると、三尺玉は打ち上げ会場からある程度の距離を取って撮影するのが望ましいですね。

また、先ほどの「撮影オススメポイントその1」の他には、米町公園という小高い丘にある撮影スポットも人気があるようです。

その他の撮影ポイント

米町公園から見た夕日と釧路港

米町公園から見た夕日と釧路港

 

→撮影オススメポイントその2:釧路市米町公園~花火撮影ポイント

僕はこの場所で花火大会を撮影したことはまだありませんが、小高い公園から見渡せるこの場所は、一度挑戦したいと思っています。

また、上の写真に写っている埠頭の方からも花火大会を見学することができるようです。

そちらもまだ行ったことはありませんが、いずれはチャレンジしてみたいと思います。

 

ちなみに僕は3年連続でこの花火大会に行って撮影していますが、満足できる三尺玉の写真はいまだに撮れていません。

なので、

「今年こそは!」

と燃えています。

そして同時に緊張もありますね。

やはり「一発勝負」ですからね。

そういう意味では「4K動画」などで撮影しておくと、後から切り取ったりして楽しめるかもしれませんね。

構図や露出時間なども研究できそうです。

このこともこれからは少し考えてみたいテーマです。

KEN
ニコンD500は「4K動画」を撮れるからね♪
リス太くん
でも4Kテレビ持ってないでしょ?
KEN
リス太くん・・・正解(笑)

 

大漁どんぱく~その他のイベント

また花火大会と同時イベントとしては、

釧路すえひろはしご酒大会

いい味イキイキくしろ

釧路oh!!さかなまつり

農業・農村フェア in KUSHIRO

なども開催されているので、公式リンクのサイトを参考にして楽しんでもらえたらと思います。

→公式リンク:釧路大漁どんぱく

※帰省ラッシュについて

そして花火大会が終わった直後の帰省ラッシュは「半端ない」です。

もともと混雑しやすい「幣舞橋周辺」のルートを通るので、渋滞は覚悟する必要があります。

ちなみに僕は毎年、徒歩か自転車で移動しています。

やっぱりあの渋滞を見てしまうと、車で行く気にはなれませんね。

 

まとめ

a0070_000227

比較的涼しい北海道の夏の夜の花火大会。

今年こそは綺麗に撮りたい

と、毎年そう思っています。

そのためにはやはり「経験」と「土地勘」が必要ですよね。

上で紹介した「大漁どんぱく花火大会」のように、地元であれば比較的イメージできるのですが、初めて行った土地だとなかなかそうもいかないと思います。

それでも一回で判断するのではなく、毎年通って少しずつ知っていくのも楽しいと思います。

「今年はどこで撮ろうかな?」

なんて、想像するだけでも楽しくなりませんか?

ただ見るだけでも楽しい花火大会。

今年は綺麗に撮ってみましょう♪

花火大会の撮影模様や感想、気が付いたことなどは随時記事を更新していきますので、あなたの「花火ライフ」の参考にしてもらえたら嬉しいです。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ぴゅるる

どーん

a0070_000226

たまや~

リス太くん
天気が良いことを祈ってるよ♪

関連記事

2016 花火大会in北海道道東~前半戦の開催日程など

2016年 花火大会~今年は花火を綺麗に撮りたい!

花火大会や星空を撮る時に使いたい「リモートレリーズ特集」

世界三大夕日~幣舞橋に沈む太陽

釧路湿原・湿原展望台から雲海を見る朝

 

■地方から車で来る場合は、離れた場所に車を停めて、折り畳み自転車で移動しても良いかもしれません。

■宿泊施設はコチラから↓

釧路・阿寒・サロマ・知床・網走 ホテル・旅館

■北海道を移動するならハイブリット車で↓

北海道のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」

 


 - 撮影技法, 花火大会, 観光ガイド , ,