消えたデータは自分で復元できる~リカバリーソフトを導入してみた - 幸せカメラ.net

幸せカメラ.net

素敵な一瞬を信頼できるカメラで

消えたデータは自分で復元できる~リカバリーソフトを導入してみた

   

データ復旧

ある日突然、数万枚の写真データが消えてしまったらあなたはどうしますか?

 

KEN
まずいな・・・ハードディスクの調子が悪い

 

オオワシ先生
どうしたんじゃ?

 

KEN
あっ、オオワシ先生!実は外付けハードディスクの調子が悪くて、パソコンでたまに認識しなくなる時があるんですよ

 

オオワシ先生
それはイカンな、バックアップはとっていないのかな?

 

KEN
ええ・・実はそうなんです。容量が2TBと大きかったので、なかなかバックアップを取る機会がなくて。でも大切な写真データが入っているので、新しいハードディスクを用意しました。

 

オオワシ先生
まずは、すぐにデータを全て移したほうが良い。

 

KEN
わかりました!すぐにやります!

 

======================

実話です(笑)

以前外付けハードディスクが認識しなくなって、膨大な量の画像データにアクセスできなくなりました(汗)

気が遠くなりましたね、一瞬。

IMG_8802

「マジっすか」

それでもメーカーにデータの復旧を依頼することは可能だと思ったので、電源を抜いたりパソコンを再起動したりと何度かやっているうちに奇跡的に繋がったので、急いで新しいハードディスクにデータを全て移しました。

この時思ったのは、「もしデータが全て消えてしまったら?」ということでした。

数万枚の貴重な写真データが保存してあったので、絶対にそれだけは避けたいと思いました。

それ以外にも、一日撮影したデータをカメラからパソコンに移した時に、誤って全てを削除してしまったこともあります。

その時は幸いデスクトップの「ゴミ箱」から全て復旧することができたのですが、今思うとゾッとしますね。

かけがえのない瞬間

その貴重な写真データは、デジタルになって扱いやすくなった反面、危うさも持ち合わせていると感じました。

そこで今回は、そんな大切なデータが万が一消えてしまった時に頼りになる「データ復元ソフト」を紹介します。

実際に使ってみるとその性能に驚きましたよ。

簡単でなければ使えない

0759d7a16662ad1d6b0712398a39c2f2_s

たとえば、僕の場合だと丸一日撮影してくると大体「20GB」、多い時だと「60GB」ものデータを持ち帰ります。

そしてそれをパソコンに取り込むのですが、その時って実は結構緊張するんですよね。

消えたらどうしよう

とか思ったりします。

雌阿寒岳山頂から、雄阿寒岳と阿寒湖を望む~冬の写真で恐縮です(笑)

真冬の雌阿寒岳山頂から、雄阿寒岳と阿寒湖を望む

稀にですが、「命がけ」で撮影してくることもありますからね。

それでもほとんどの場合は問題なくハードディスクに収まってくれます。

ただ、先程も書いたように「ハードディスクの故障」であったり、人為的なミスでデータを「削除」してしまう可能性は捨て切れません。

そんな時、データをリカバリーしてくれるそんな便利なサービスがあるのは聞いたことがあります。

ただ、これは調べてみると結構料金が高いんですよね。

10万円から20万円とか、データの種類や記録媒体によっても様々です。

さらに調べていると、データのリカバリーはどうやら自分でもできそうだということがわかったんです。

でも、「簡単でなければ使えないよな」ってそう思いました。

 

無料版を試してみた

11

今回導入してみたのは、データ復旧ソフトのメーカーの中でも有名な「EaseUS Software」の製品を使ってみました。

この製品は第三者機関の「第24回Vectorプロレジ大賞の復元部門賞」を受賞していたということも評価できましたし。

製品名は「Data Recovery Wizard Pro」というグレードにしました。

→参考リンク:Data Recovery Wizard Pro

こういったソフトって、結構出回っているのですが、やはり実績と第三者機関の評価があると安心できますね。

ソフトのダウンロードと導入は至ってシンプルで速かったです。

リカバリーソフトの起動

6

先程も書きましたが、導入方法や操作が面倒なら、ここで紹介することはしません。

起動画面は至ってシンプルでした。

ただ、今回はこれといって「データを消失」して困っていたわけではなかったので、実験することにしました。

そう、実際にデータを削除して復旧できるか試そうと思いました。

実験の中身

329638

まず用意したのは昔使っていたSDメモリーカードです。

最近はこのカードはほとんど使っていなかったので、まず中に何が入っているのか確認しました。

すると今はほとんど使っていないニコンD5300の画像データが少しだけ残っていました。

データの種類は「RAW」ファイルです。

メモリーカードに残っていたRAWデータ

メモリーカードに残っていたRAWデータ

 

今回はこれを消して、リカバリーソフトで復旧させようと思ったのですが、ちょっと待てよ?と思い付きました。

このメモリーカードって今まで撮影したデータを何度もパソコンに取り込んでは消して、それを繰り返しで使ってきたわけです。

ということは、この状態ですでにかなりのデータが「削除」されていることになります。

今残っているデータを消して、それを復旧するのは「簡単」な気がしたので、ちょっとイジワルというか試したくなったのです。

なんせメーカーでは「最高のソフト」とうたっていますからね♪

試すことにしました。

 

昔のデータは現れるのか?

9212dba09b69f2a129382c79b6a6beca_s

このメモリーカード、何度も何度も上書きしていますからね。

普通に考えればすでに何も残っていないと思うのですが・・・。

最高のソフトの実力や如何に?

スキャン中

スキャン中

まずはパソコンにこのSDカードを挿入して、パソコン全体のデータをスキャンしました。

僕のパソコンには、かなりのデータが保存されているので、結構時間がかかりましたね。

それでも10分もかからなかったと思います、スキャン。

PCだけで1TB。

その他に外付けのハードディスクが3TBが2台と1TBが1台。

記録デバイスは合計で8TBもありました。

テラバイトとか今では普通に言ってますけど、1000GBのことですからね。

いつの間にかそんな時代になったのですね。。。

その全てのデバイスにデータが満杯ではないので、実際は6割位のデータ量だと思いますが。

スキャン終了

スキャン終了

この上の画像の紛失したディスクドライブっていうのが、おそらく壊れて外したハードディスクや、以前使っていたパソコンから移したデータの情報が残っていたのだと思います。

それらは今は使っていないので、データだけが現在のパソコンに入っています。

そしてこの中の「D5300」のデータを見ると、RAWファイルで2GB弱のデータが現在残っていました。

さて、昔のデータは現れるんでしょうかね?

D5300のフォルダを選択

D5300のフォルダを選択

 

そうそう、この「無料版」だと、データ復元可能量が「2GB」までとなっていました。

2GBじゃちょっと物足りないし、実際にはもっと沢山のデータを扱うので、思い切ってライセンスを購入しました。

7

途中でこんな画面も出ましたし。(上)

ライセンス認証OK

ライセンス認証OK

これで機能がフルに使えるようになりましたよ。

それでは先程の続きを見てみます。

 

現れた懐かしのデータ

1265304868531b1678edb590a3a91924_s

イメージですよ 笑 (フリー素材)

 

この「復元」に関しては結構時間がかかりました。

このソフトは間違いなく、何度も消してきた昔のデータにアクセスしていると感じました。

そして待つこと10分くらいだったでしょうか。

出来上がりましたよ!

昔のデータ

昔のデータ

さっきまではこのメモリーカードに「1.8GB」くらいしかデータがなかったのに、なんと「12GB」くらいになりました。

10GBほどの消えたデータが現れたのです。

見てみると何だか懐かしい「白鳥」の写真が沢山ありました。

復旧されたデータは、かなり以前の物から、比較的新しい物まで様々な日付になっていました。

これは恐らく何度も何度も消しては上書きしてきたメモリーカードなので、ランダムに現れたのかと感じました。

そしてさらに、ここからデーターを深掘りすることができるようです。

ディープスキャンもできる

ディープスキャンもできる

 

この上の画像ですが、先ほどのメモリーカードを復旧している最中です。

この左下に「ディープスキャン」という項目がありますね。

ここから更に多くのデータをリカバリーできるようなんですね。

今回はその必要性が特になかったのでやりませんでしたが、「そこまでできるのか?」と感心しました。

 

まとめ

4baf5e1ed56c6618ab35ec92be2c3d28_s

デジタルデータって、扱いやすくて便利なんですが、同時に儚さも秘めています。

それは普段は気付かないのですが、壊れて初めてその大切さを知ることになります。

今回のデータリカバリーソフトは、データが壊れてしまってから導入しても問題ありませんが、先ほどのように昔のメモリーカードから写真を復元することもできるので、何らかの理由で写真データを消してしまった場合でも、諦めることはありません。

もちろん、画像データだけでなく、すべてのデータに対応していますね。

  • ビデオ
  • 音楽
  • メール
  • ドキュメントなど

そして記録デバイスもメモリーカードだけではなく、

  • デジカメ
  • 携帯電話
  • フラッシュドライブ
  • パソコン

など、あらゆる媒体のデータを復旧できるようです。

もう一度あのデータを見つけたい

と考えている方や、

消えてしまったので復元したい

と困っている方は、是非この方法を参考にしてもらえたらと思います。

何より、「自分で簡単にできる」というのも嬉しいことですね。

今回はそんな「データ復旧・復元」についてのお話でした。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

==================

■メーカー公式サイトからダウンロード版を購入可能です。

EaseUSのFacebook公式アカウントをフォローすると12%OFFのクーポン券を発行してくれます

→メーカー公式サイト製品ページ:Data Recovery Wizard Pro

→メーカーFacebook公式アカウント:EaseUS_Japan

■Amazonからもダウンロード版を購入可能です。

===================

関連記事

イメージセンサーのクリーニング~自分でやってみた(カメラメンテナンスに関して)

ニコンのフルサイズD810とD750~どっちを選ぶ?(画像データに関して)

ニコンD810は万能カメラ?

ブログのサーバー移転に挑戦!~その結果は?

 


 - メンテナンス, 全般 , ,