ニコンD810は万能カメラ? - 幸せカメラ.net - 3ページ

幸せカメラ.net

素敵な一瞬を信頼できるカメラで

ニコンD810は万能カメラ?

   

3.パソコン環境について

このD810を使ってから、家のパソコンの外付けハードディクスはすぐにいっぱいになり、今では1TB(テラバイト)と2TB、そして3TBの3台のハードディスクをパソコンに接続しています。

RAW現像ソフトはAdobeの「Lightroom」を使っているので、編集自体はサクサクと快適です。

しかし、かなりのデータ容量になるので、パソコン本体のメモリーやCPUの性能といった編集環境も強化する必要がありました。

今ではモニターキャリブレーションのできるモニターを導入し、デュアルモニターで現像していますが、これはハマります。

現像が楽しすぎて、時間がどんどん過ぎてしまうほどです。

LightroomとデュアルモニターはRAW現像をする方は是非導入して欲しいと思います。

そんな形で、僕のD810ライフは環境も整備して、快適で楽しいものとなっているのです。

 

野生動物と向き合うことについて

ただ、DXクロップありきで使い続けるのは、D810本来の姿ではないようにも感じています。

野生動物や野鳥を大きく、そして綺麗に撮りたいのは誰もが願うことだと思います。

動物園に行けば、比較的近くからしっかりと生き物を撮ることができるでしょう。

しかし、大自然の中で見る野生動物は警戒心が強く、またこちらが思うようなポーズは取ってくれません。

NDS_3686

もちろん野鳥も同じです。

でもだからこそ楽しいのかもしれません。

NDS_9899

難しくて思ったような写真が撮れないからこそ、またチャレンジしたくなったり追い続けたりするのかもしれません。
ちなみに今シーズンの冬は、「エゾリス」を一度も撮影することができませんでした。

「何回行っても会えない」

昨シーズンは何度か会えたのですが。
そんな切なさも噛み締め、そして常に期待しながら僕は明日も大自然にこの身を委ねたいと思っています。

そしてこの記事を書いている時点で、ニコンの新型一眼レフが相次いで発売されました。

4.ニコン一眼レフ新製品の登場(2016年春)

一つはカメラメーカーのフラッグシップと呼ばれる看板機種の「D5」です。

俗に「プロ機」や「一桁機」など呼ばれる、報道やスポーツなどプロフェッショナルの世界で使われることの多い最上級機です。

価格もD810が軽く2台買えるほどです。

リオオリンピックの開催年ということで、そちらでも大活躍しそうなフラッグシップ機ですね。

それともう1台は・・・

APS-C機のフラッグシップ「D500」です。

この記事にも度々書きましたが、ニコンではDXと呼ばれるAPS-Cセンサーを搭載した機種の、最新モデルです。

DX機はFX機に比べて、同じレンズを使用した場合1.5倍の焦点距離になるので、単純に「望遠効果」があると言えます。
(レンズの光学性能が変わるという意味ではありません)

つまり同じレンズで同じ場所から撮影した場合、DX機の方が被写体が大きく写るわけです。

500mmのレンズがDX機だと「700mm相当」になります。
(35mm版換算)

この辺りについては別記事で詳しく取り上げたいと思いますが、このD500は多くのニコンファンが待ち望んでいた機種でもあります。

プロ機と呼ばれる「D5」と同時発表された「D500」。

実は以前から「そろそろ出るのでは?」という噂は流れていました。

「APS-C機のフラッグシップ不在」

ライバルメーカーであるCANONの7DMKⅡの登場とそのスペック、そしてその人気により、APS-C機においてニコンでは長らくその玉座を明け渡してきました。

僕も何度かCANONの7DMKⅡを使ってみたいと思うほどでした。
(カタログやムック本を買いました)

「ライバルがいるから切磋琢磨して成長する。」

ニコンはその技術と進化を今回「D500」に詰め込んでサプライズとして発表したのです。

もし僕がこのカメラを使うと、D810は風景専用として特化させ、動き物や動物・野鳥をD500が担うという夢の2台体制が可能になります。

D810の記事で話がD500にそれましたが、それほど今回のD500の登場というのは僕の中でも大きなニュースとなりました。

ちなみにD500の発売日は2016年の4月28日です。

ギリギリGWに間に合うという、そんな状況ですね。

えっ?D750もあるのにD500を使うのかって?

・・・・うーん、悩みますね。

というか悩みました(笑

その辺りは次回の記事でお話したいと思います。

それでは素敵なカメラライフを♪

ニコン D810 ボディ

ニコン D500 ボディ 《4月下旬発売予定》

→関連記事:僕がD810を手に入れた理由


ページ: 1 2 3

 - NIKON D810 , ,