D750の導入に向けて~最初のレンズはどれ? - 幸せカメラ.net

幸せカメラ.net

素敵な一瞬を信頼できるカメラで

D750の導入に向けて~最初のレンズはどれ?

      2017/11/02

ニコンイメージングジャパン

ニコンイメージングジャパン

 

こんばんは。

ニコンの様々な一眼レフカメラの中でも「バランスが特に優れている」と感じるのが、今回取り上げる「D750」です。

僕はこのカメラを1年間使い、その感想を記事に書きましたが、マイナス面をほぼ感じない優れた性能を持つカメラです。

 

関連記事

ニコンD750を1年間使った感想をブログで振り返る
NIKON D750 出典:ニコンイメージングジャパン 今回は、ニコンのフルサイズ機「D750」を1年間使ってみて、感じたことを素直...

 

また、「ニコン史上最高画質」と称される「D810」とも比較してみましたが、これからフルサイズ導入を考えている方がいるなら、最初はやはり「D750」がオススメです。

後程詳しく説明しますが、様々な面で扱いやすく、機能も充実しています。

 

関連記事

ニコンのフルサイズD810とD750~どっちを選ぶ?
こんばんは。 現在は二刀流ならぬ「三刀流」でカメラライフを満喫しているKENです。 動き物・望遠効果・連写番長のAPS-...

 

「D810の高画素」を特に必要としないのであれば、D750を導入して同時にレンズも自分に適したものを選びたいところです。

またニコンのフルサイズのラインナップの中では、D750にしかない機能を味わうこともできますし。

 

D750の特徴

ニコンイメージングジャパン

ニコンイメージングジャパン

 

ここでもう一度、D750の特徴について見てみます。

  • 画素数:2432万画素~十分です(多すぎないので扱いやすいです)
  • チルトモニター搭載~ローアングルや星空を撮影する時などに重宝します
  • Wi-Fi搭載~撮った写真をその場で簡単にスマホに飛ばすことができます。
  • 高感度領域の性能~D810よりも高いと感じています。

またこの高感度の画質についても、現行機種で高感度に強い(メーカー公称)と言われている「D500」に対して、この「D750」は画質の優位性を見せてくれました。

 

関連記事

ニコン「D500」対「D750」~高感度撮影で比べてみた
こんばんは。 今回はAPS-C最新モデルのニコン「D500」と、現行のフルサイズで一番新しい「D750」を同じ条件で撮り比べてきま...

 

それでも、

  • ピントが合う
  • 動きモノを撮れる

といった視点で考えると、やはりAF性能が優秀な最新の「D500」に譲ります。

しかし三脚を立ててしっかりと撮るならば、そこから写し出される絵はフルサイズの「D750」が勝っていると感じられます。

 

さて今回は、この「D750」の導入を検討されている方で、最初のレンズ選びで迷っているとのお話を聞いたので、「僕なりにアドバイスできたら!」という思いでこの記事を書いています。

やはり、「最初」のレンズは大事ですからね!

その後レンズ沼にはまらないように、最初の1本で満足したいところです。

それでは現在3つの候補があがっているので、それぞれについて考えてみます。

 

純正24-120 f/4レンズキット

ニコンイメージングジャパン

ニコンイメージングジャパン

 

このレンズはD750の「レンズキット」として、かなりお得な価格で購入できる便利ズームです。

僕もこのレンズキットを導入して今まで沢山の写真を撮ってきました。

 

レンズ単体で見るとかなり高額なものですが、レンズキットだと入手しやすいお値段なのです。

ナノクリスタルコートのおかげで「ゴーストやフレア」の発生も抑えられ、逆光を撮るなら心強い相棒になってくれます。

 

また24-120mmという焦点距離の広さも、ズームレンズの利点ですね。

手ブレ補正もあるし、明るさも「F4」通しという、ズームしても明るさが変わらない優秀なレンズです。

と、ここまで良いと思うことばかりを書いてきましたが、現在僕はこのレンズはほとんど使っておりません。

なぜなら通称「大三元ズーム」という、ズームレンズとしては最高品質のレンズを使っているからです。

 

関連記事

新型大三元レンズ~NIKON 24-70mm f/2.8E VR入手しました
待ちに待ったニコンの新型大三元レンズ「24-70mm f/2.8E ED VR」がようやく発売になりました。 だいぶ前になりますが、このレンズが...

 

やはり24mmという焦点域で撮ると、大三元との写りを比べてしまいます。

そんなこともあって、この「24-120mm f4」の便利ズームの出番はとても少なくなりました。

また、星空もこのレンズだとちょっと物足りないと感じています。
(星空を撮るには暗いんですよね)

 

しかし、スローシャッターや長時間露出をするなら、このレンズでも全く遜色なく撮れると思います。
(今も使っています)

 

関連記事

北海道観光で訪れてみたい穴場~足寄町・白藤の滝
今回は「北海道観光で訪れてみたい穴場」ということで、足寄町にある「白藤の滝」を紹介したいと思います。 以前の記事で、同じ...

 

この上の記事では「滝」を長秒露光で撮影していますが、ほぼこのレンズを使用しています。

(NDフィルターが77mm用しかなく、このレンズに丁度合うというのも理由の一つです)

とにかく万能で便利だけど、キラっと光る凄さは感じない、そんなレンズですね。

 

単焦点の導入を考える

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition) ニコンイメージングジャパン

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition)
ニコンイメージングジャパン

 

「安い」

まずこのことが挙げられます。

つまり導入しやすいということですね。

でも、積極的に使わないのなら宝の持ち腐れになります。
(僕です 笑)

そしてズームレンズの便利さに慣れてしまうと、単焦点を使うことが面倒になるかもしれません。
(僕です 汗)

 

ただ、最初からコレ一本で挑むなら、写真を撮る技術であったり構図を作る発想であったりと、そのような「テクニック面」がかなり磨かれると思います。

ある意味「不便」と言えますからね、単焦点レンズは。

 

関連記事

初めてのフルサイズ一眼レフ~レンズ選び編
こんばんは。 前回記事:ニコンのフルサイズD810とD750~どっちを選ぶ? この記事を書いている中で、あることを思いました。 ...

 

上の写真で紹介した「50mm f/1.8」はとても明るい大口径レンズです。

ただ逆光にも強くはないし、手ブレ補正ももちろんありません。

 

それでも入門用として「綺麗な写り」を体験したいなら、損はしないと思います。

また星空を撮るにも明るい単焦点は強いですね。
(50mmだと画角は狭いですが)

 

ズームレンズでは得られないほどの描写に驚くと思います。

そしてこの他にもう一本、気になるレンズが選択肢に登場しました。

サードパーティ製のズームレンズです。

 

タムロン 28-75mm F/2.8

引用:http://www.tamron.co.jp/news/release_2008/0515_01.html

引用:http://www.tamron.co.jp/news/release_2008/0515_01.html

 

すいません、このレンズ、今まで存在すら知りませんでした。

実はツイッターでフォロワーさんがこのレンズの導入を考えていて、それで僕も調べてみることにしたのです。

すると・・・

「コスパ最高!」

という文面がレビュー記事から多く目につきました。

主に価格comの記事ですけどね。

→リンク:価格comレビュー

 

そしてこのレンズを使っての作例も見ました。

→リンク:PHOTOHITO 28-75mm F/2.8の作例

 

いいじゃないですか、このレンズ。

設計は古いですが、今でも最新のカメラで使っている方が多いですね。

スペックで気になる点は・・・

  • AF(オートフォーカス)が遅い・音が大きい
  • 手ブレ補正機能がない
  • 広角端が28mmとやや狭い
  • 逆光性能は高くない
  • マニュアルフォーカスがやや手こずる
  • AF時にピントリングが動く

などが挙げられます。

・・・が、すべて問題ないと思います♪

 

問題は「写り」ですよ、写り!

 

風景を取るのにAFのスピードや音は関係ありません。

広角端も構図を工夫すれば28mmでも楽しめます。

手ブレ補正がないほうが腕が上がります。

逆光性能が高いレンズは価格も高いです。

そしてこのレンズ、「価格が安い」のが最大の魅力です。

 

先にも書きましたが設計は古いですが、写りはかなり評価が高いようです。

やはりズーム全域で「F/2.8」という明るさがあるからでしょうね。

 

そして明るいということは「星空」も綺麗に撮れますね。

レンズの重量は軽いですよ、0.5kgです。

D750と合わせると、かなり軽いシステムが完成しますね。

うーん、恐るべしサードパーティレンズです。

 

僕もタムロンの「15-30mm f/2.8」という超広角ズームをしばらく使っていますが、これは本当に重宝しています。

 

関連記事

超広角レンズ~タムロン15-30mm F/2.8 VCの世界
今回は超広角レンズ「タムロン 15-30mm F/2.8 VC」について書きたいと思います。 この「タムロン 15-30mm F/2.8 VC」というズーム...

 

もし最初からこの「SP AF 28-75mm F/2.8」を使っていたら、僕の写真は変わっていたでしょうね。

良い意味で♪

そんな魅力をこのレンズは秘めていると感じます。

 

まとめ

D750+タムロン15-30mm f/2.8

D750+タムロン15-30mm f/2.8

 

今回初めてのフルサイズ導入でニコンの「D750」を検討してるあなたへ。

 

ずばり、タムロンの「SP AF 28-75mm F/2.8」が一番シアワセになれるのではないでしょうか?

色々と調べた結果、僕はそう思いました。

 

やはり「コスパ」が高いのがその理由です。

単焦点であれば「焦点域」がすぐに物足りなくなってきますし、純正のレンズキットだと「もっと神話」に悩まされるかもしれません。

「もっと綺麗に写らないのか?」って。

 

でもこのタムロンのズームレンズは「美しい」と思える写真を撮ることができると思います。

それは大口径を活かした「ボケ」であったり、暗い状況での光を捉える能力であったり。

絞れば「解像度」もかなり高いようです。

 

ただ、最新のレンズに比べると、色々と劣るところもあると思います。

それでも「写り」と「焦点域」を優先するのであれば、賢い選択だと思います。

 

D750というフルサイズカメラを導入して、最初のレンズにこのタムロンの「SP AF 28-75mm F/2.8」を選択するのは間違いではないと思います。

もちろん純正の「NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」のレンズキットもありますが、明るさの面から考えると物足りなくなると思います。

是非、明るいズームレンズを導入して、素敵な写真を撮って下さいね♪

 

NDS_9679

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

■単焦点レンズ

■D750

■タムロンSP AF 28-75mm F/2.8

 

関連記事

ニコンD750を1年間使った感想をブログで振り返る
NIKON D750 出典:ニコンイメージングジャパン 今回は、ニコンのフルサイズ機「D750」を1年間使ってみて、感じたことを素直...
ニコンのフルサイズD810とD750~どっちを選ぶ?
こんばんは。 現在は二刀流ならぬ「三刀流」でカメラライフを満喫しているKENです。 動き物・望遠効果・連写番長のAPS-...
僕がD810を手に入れた理由
「D810、在庫ありますか?」 一眼レフ生活を始めて約10ヶ月、まだまだ初心者の口からその言葉が出るとは思わなかった。 ...
ニコン「D500」対「D750」~高感度撮影で比べてみた
こんばんは。 今回はAPS-C最新モデルのニコン「D500」と、現行のフルサイズで一番新しい「D750」を同じ条件で撮り比べてきま...
表現の幅を広げる~ボケを取り入れる
こんにちは 前回の記事では 「初めてのフルサイズ一眼レフ~レンズ選び編」 というテーマで、フルサイズカメラに合わせる...

 - NIKON D750 , ,