おすすめの一脚~マンフロットビデオ一脚 MVMXPROA4 - 幸せカメラ.net

幸せカメラ.net

素敵な一瞬を信頼できるカメラで

おすすめの一脚~マンフロットビデオ一脚 MVMXPROA4

      2017/08/12

こんばんは。

幸せカメラのKENです。

今回は、僕が野鳥や野生動物を撮影する際に使っている、マンフロットビデオ一脚「XPRO アルミニウム4段 MVMXPROA4」を紹介します。

この一脚と、前回の記事で紹介した「ビデオ雲台」を組み合わせることで、それまで撮ることが難しかった撮影が楽になりました。

おすすめのビデオ雲台~マンフロット MVH500AH プロフルード
こんにちは。 KENです。 今回は、僕が普段から野生動物を撮影するのに使っている、 「ビデオ雲台」 について紹介したい...

実はこの一脚に出会う前も、数本の一脚を使っていたのですが、どれも今ひとつな性能だったため(価格も安かった)一脚に関してはその良さを知ることができないでいました。

今回は僕が知った一脚の良さを、撮影した写真とともにお伝えします。

それでは参ります。

マンフロット ビデオ一脚 XPROアルミニウム4段

マンフロットビデオ雲台「MVH500AH」との組み合わせ
迷彩テープを巻いています

 

まずこの一脚の特徴ですが、基本的には「ビデオ撮影用」の一脚として分類されています。

一眼レフなどの「カメラ用一脚」との主な違いは、一脚の一番下の部分にあります。

地面と接地する部分に三叉の一脚ベース

 

この部分が写真のように開き「自立するような形」なるのがビデオ一脚の特徴です。

カメラ用はこうした補助脚がなく、ストレートになっています。
(写真下)

一脚ベースを取り外した状態

 

このビデオ一脚のベースは、こうして取り外すことが可能になっています。

こうすることで、普通の一脚として使えますね。

ただしこの部分にはメスネジやロック用のネジがあるので、外した場合は専用の保護カバーを装着して使います。

その保護カバーですが、今は恥ずかしがって隠れているようで、見つかりませんでした。

取り付けるときは、一脚ベースのボルトに合わせて、そのまま一脚自体を時計回りに締め付けていきます。

ロックナットで固定する

 

そのままでは、ボルトの部分の強度がそれほどないので、ロックナットを持ち上げて回していきます。

これで、不用意に一脚ベースが抜けてしまうことはありませんが、使っていると緩んでくるので、たまにチェックが必要です。

またこの部分は「パン」(水平回転)するので、パン機能のない雲台でも脚ごと回転させることができます。

それなりのトルクで回ってくれます。
(パンのロックはできません)

そしてロックナットの下の部分にはボタンが付いていて、これを押すと根本がフリーになり一脚の角度を変えることができます。

ロック解除

内部はグリスがついたボール雲台のような構造になっています。
(先日、水の中でカワガラスを撮影したけど大丈夫かな?)

この角度が変わる機能の利点についてはのちほど説明します。

角度を変えたまま自立

 

根本がフリーになった状態で、一応自立することも可能ですが、機材を載せると無理だと思いますし、危ないのでしません。

 

根本がロックされた状態だと、少し勇気を出せば自立した姿を愉しむことができます♪
(この写真を撮った直後に、ここをキタキツネが通り抜けていって慌てました)

ビデオ一脚の主なスペック

それではこのマンフロットXPRO アルミニウム4段 MVMXPROA4の主要スペックを見ていきます。

重量:1.2kg

素材:アルミ

最低高:68cm

全伸高:192cm

脚チューブ直径:19,22.5,26,30mm(それぞれの段)

最大耐荷重:8kg

脚段数:4段

最上部ねじタイプ:1/4、3/8兼用(どちらでも合います)

パン回転角度:360(一脚自体が回転します)

上ディスク直径:60mm

出典:マンフロット

僕が一脚を選ぶ際に一番重要視したのは、「最低高」の長さです。

これが短いことで、何処にでも手軽に持ち運ぶことができるし、あまり長いと持っていても使わなくなってしまいそうな気がしました。

ちなみに、僕が以前から持っていてすでに使っていない一脚たちの中で、一番頑丈なやつの最低高が長すぎたため、使いづらくて持て余していました。
(家電量販店で衝動買いしたものです)

そしてこのマンフロットのXPRO アルミニウム4段は最低高が「68cm」とそれほど短くはないのですが、ある理由からこの一脚に決めたのです。

それは「全伸高」が「192cm」あるからです。

重要視したのが「最低高」なのに、なぜ「全伸高」で決めたのか?

実はこの一脚のシリーズには、5段のタイプもあるのです。

 

当然、4段よりも5段のほうが短く収納できます。

5段のスペックを見ますと、

重量:1.06kg

最低高:52.5cm

全伸高:153cm

最大耐荷重:5kg

となっています。

これを見るとわかりますが、5段のほうが短くなるけど、全伸高も低くなり、また耐荷重も下がるということです。

僕の撮影スタイルや自分の身長から考えると、やはり4段のほうが使い勝手が良いと判断しました。

そしてこの選択は正解でした。

ビデオ一脚の利点

頭上の小鳥を一脚で追いかける

 

上の写真ですが、「NIKON D500」にレンズは「200-500mm」の超望遠ズーム、そしてビデオ一脚と雲台のセットで頭上の小鳥を撮影しました。

もし、一脚を使わないで手持ちであれば、腕はすぐにプルプルしてくるので、疲れ+手ブレの悩みがつきまといます。

それをこの一脚を全伸高にすることで、自分はかがむことなく立ったままで、レンズを上に向けて楽に撮ることができました。

購入の際は、「全伸高」のメリットも考慮して下さい。

高さの調整が容易で速い

草むらを移動するキタキツネを、一脚を最低高にし同じ目線で撮影

 

一脚の利点は「高さ調整の速さ」が挙げられます。

もし三脚であれば、バランスに気を付けながら3本の脚をそれぞれ調整しますが、一脚なら脚は一本なので、すぐに高さを変えられるのです。

野生動物の動きに合わせて、自在に素早く高さを変えられるのが、とても助かります。

以前マラソン大会に参加した時(ランナーとして)、プロのカメラマンがビデオ一脚を使ってしゃがんで撮影していたのを覚えています。

やはりコンパクトで機動力に優れて、高さ調節が容易なので、仕事の相棒に選択したのではないでしょうか。

不整地でも真っ直ぐ立つ

この状態でも立っています。

 

これは水平な場所ですが、もし地面が斜めだとしたら?

画像を傾けて、一脚を垂直にしてみました

 

一脚ベースのロックを解除することで、こうした傾斜のある場所でも、一脚を垂直に立てることが可能です。

垂直にすることで、重心が安定し、安心して撮影することができます。
(もちろん手を添えて、です)

またこの脚の裏には、すべり止め用のゴムが付いています。

一脚ベースの裏

 

僕は不整地で撮影する際は、ロックを解除して、なおかつこの一脚ベースを自分の足で踏んで撮影しています。
(安定するので)

さらにこの角度が変わる機能は、より低く撮影する時も役立ちます。

最低高よりも低く構える

お昼寝しようとしている子狐を、草むらの中から撮影

 

僕は野生動物を撮影するとき、カメラがなるべく相手の目線の高さになるように意識しています。

そうすることで自然な表情を捉えられることが多いからです。

そしてこの一脚の最低高は「68cm」でしたね。

片膝を付いて丁度よいくらいの高さです。

そして、さらに低く構えたいときは、先程の根本のロックを解除して、角度が変わるようにします。

カメラが自分の方に倒れるようにすると、より低く構えることが可能になります。

もちろん安定性はよくはありませんが、手持ちで撮るよりは楽に撮れます。

もっと低く撮りたい場合は、当然雲台からカメラを外して撮影しています。

一脚と雲台の取り付けについて

一脚のベース部「1/4ネジ・3/8ネジ」共用

 

上の写真ですが、マンフロットのビデオ雲台の上に今回の一脚のベース部を載せています。

そしてその横には、少しボケていますが小さな自由雲台があります。

このそれぞれの雲台のメスネジのサイズは、

・ビデオ雲台:3/8ネジ

・自由雲台:1/4ネジ

となっていますが、この一脚にはどちらも、そのままで取り付けが可能になっています。

小型の自由雲台「1/4ネジ」を合わせる

 

マンフロットのビデオ雲台(3/8ネジ)は前回の記事でも取り上げましたが、当然取り付けは可能です。

そしてこの小型の自由雲台もそのままねじ込んでみます。

すると、一脚ベースのネジの外側が沈み込んで、中から1/4サイズのボルトが出てくるようになっています。

外側の3/8サイズの方は、バネが効いているので、雲台を外すと元に戻ります。

こうして、普通では合わない小型の自由雲台も取り付けることができました。

なかなか考えられた設計になっていますね。

野生動物のとの出会いは一期一会

湿原でエゾシカの母子を撮影

 

僕はいつも広大な北海道道東の大自然の中で撮影していますが、その中で沢山の野生動物に出会います。

ですが、その野生動物との出会いは、ほとんどがその一瞬だけなんです。

二度三度と出会うことはまずありません。
(会っていても僕が気付いていないという話もありますが)

保護された区域内でのタンチョウ撮影や、公園内でのエゾリスとの出会いは別ですよ。

とにかく彼らは大自然の中で自由に逞しく暮らしています。

そんな彼らの自然な表情を撮りたいとなると、必然的に素早いセッティングが求められます。

時間が沢山あるなら、待ち伏せすることもできますが、僕のように移動しながら撮影するスタイルだと、ベストポジションを見つけた瞬間に撮影できるようにしています。

そしてそれはいつやってくるのかわかりません。

そんな急な状況で撮影するには、機材の性能も大事ですが、やはり「手ブレしないこと」が一番です。

以前から手持ちで撮ることが多かった僕ですが、やはりフォトジェニックな瞬間(朝の薄暗い時間帯や夕暮れ)では、シャッタースピードを上げることは難しいです。

そんな中、手ブレせずにしっかりと撮影するためには、こうした一脚が役立つことを実感しました。

そして以前から持っていた安物の一脚が使えなかった理由もわかりました。

それは「剛性が弱い」のが理由です。

全体的にか、部分的にか、何かしらグラグラするのです、安い一脚は。

そしてそのグラグラは、「ブレているかもしれない」という不信感にもつながります。

今回紹介したマンフロットのビデオ一脚は、根本にやや遊びがあるので、若干揺れることはあります。

それでも、機材の重量や自分の手で支えることで、安定した撮影が可能になります。

いつかまた会えるかな?

 

いつ訪れるかわからない、そんな瞬間のために、できる準備はしておきたいですね。

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 - マンフロット, 野生動物, 撮影技法 , ,